ベトナム企業の面接で採用されるためのポイント

日本などで面接を受ける場合、よく聞かれる質問は志望動機や自己PR、この会社をどのように成長させたいかみたいなものが多いです。しかし、ベトナムに限らず、現地で人材を確保していく場合、こうした質問は意味をなしません。現地で採用されている人の多くは、生活を維持していくために働いているだけで、この会社を大きくしたいなどのことは考えないですし、収入源としか判断していません。企業側もこうした背景はわかっているため、面接で日本で聞かれるような質問はしてきません。

雇用体系や条件面での質問が多くされる中、よく聞かれる事柄があります。長期間働けるか否かです。企業側としては、極力人件費を浮かすために現地の人を雇います。しかし、現地の人は早く辞めてしまう傾向にあります。現地の人の中には、数ヶ月で辞めてしまい、ベトナム以外の国へ移る人や、自分で起業する人などが多くいます。

本社の社員とほぼ一緒の勤務体系、業務内容なのに、給料や福利厚生に乏しいのが現地で人を確保する場合の傾向です。そのため、多少自分勝手な都合で辞めても致し方ないものとされています。こうした理由から、面接では長期間働けるかどうかが聞かれるのです。
ですから、長期間働けることやベトナム以外の国へ移ることなどないと、本心でなくても、言えば勝ちです。そして、長期間働けるならば、若手育成を名目に採用しようとします。反対に、どれだけ優秀であっても、長く続かないのではないかと判断されたら、採用は厳しいと言えます。こうした背景を利用して、面接でそれをアピールすることが大事です。