日本人がベトナム企業で働きたい場合、英語レベルが必要か

観光地として日本人から人気を集めているベトナムですが、最近ではその国としての成長性に期待して多くの日本企業が進出していることからわかるように、事業展開先としても人気を集めています。
もっとも、日本をはじめとする外資企業だけではなく、ベトナムの企業の中にも大きな成長を遂げている会社は多くあり、それらの会社で働くこともビジネスパーソンとしての能力を高めるとうえで非常に有意義な経験となることから、ベトナム企業で働きたいと考えている日本人の方も多いのではないでしょうか。
そのような方にとって一番気がかりなこととして語学力がどの程度必要かということだと思われますが、ベトナム企業で働くうえでは必ずしも英語力は必要ではありません。英語力については、ある程度は求められる場合もあるものの、日本人が働くのであれば現地の言葉を多少話せることや、語学レベルがあまり高くない場合でも積極的にコミュニケーションを行うことができるかどうかの方が重要視されます。これは、ベトナム企業にとって多くの場合、日本は重要な輸出先となっていることが多く、その意味で日本人を雇用することを考えている場合には英語力よりも現地の同僚と最低限のコミュニケーションが取れるかどうかのほうが重要となるからです。また、社内外の多くの人と接する機会が多い業種を考えている場合には他の国の会社同様、コミュニケーション能力を一番重要視する傾向にあるといえます。